食文化サロン 白金劉安 -しろかねりゅうあん-|漢方食養湯 極上フカヒレ料理

ご予約 TEL : 03-3448-1978








スタッフ

学術顧問 劉 大器 (リュウ ダーチー / LIU DA QI)

現在、世界唯一の六診・十治によるオーダーメード医療のシステムの連用及び臨床 中医学に基づく経典栄養学研究=食餌療法(食養生による疾病の預防及び治療)においては、中国を代表する研究家であり、現代の食医と言われている。

プロフィール

1949年中国・西安市生れ。1975年陝西省中医学院卒業。
西安市中医病院勤務後、西安市衛生局、陝西省衛生庁等を経て、
1985年日本/中国政府交換医師として初来日。国立群馬大学医学部公衆衛生学教室に赴任。
帰国後、1990年国立中国経典栄養学研究所所長に就任。
米・中共同チベット医学調査団・世界食医文化節(於上海)主席を歴任後、
1993年西安迎賓館内※長安 帝神病院院長、中国政府衛生部 老人医療福祉委員会副主任に就任。
※長安帝神病院へは1993〜97年まで年間300〜500名の日本人患者(主な疾病は糖尿病・
高脂血症・肝臓病・アトピー症)が訪院されていた。
2000年衛生部老人福祉医療調査副団長として渡欧(仏・独・スウェーデン・デンマーク)。
2003年漢方生薬の普及講演の為、衛生部副団長として渡欧(英・仏・独)。
日本には医師会地の招請により十数年にわたり来日し、漢方基礎理論及び経典栄養学(食餌療法)〜食養生による病気の予防及び治療〜の指導・普及に努めている。 現在、臨床漢方研究機構代表委員。

主な著書

『薬膳-おいしく、簡単、実によく効く』  主婦の友社(1988年刊/日本)
日本で初めて薬膳を紹介し分かりやすく解説した入門書/国立国会図書館蔵書

『死諌之医-玄宗帝を欲望の病(糖尿病)から救った漢方医の物語』  扶桑社(1994年刊/日本)
唐皇帝の疾病(糖尿病)と主治医の葛藤を描いた歴史小説/国立国会図書館蔵書

『漢方-日本人の誤解を解く』  講談社(1997年刊/日本)
肝臓病の治療薬として広く処方されていた”小紫胡湯”の慢性肝炎患者への投与は禁忌であるとした日本医学会への警告図書。2000年1月14日厚生省は慢性肝炎患者への投与禁止を通達した。本著は国立国会図書館及び主要都道府県の図書館で蔵書

[ ▲このページのTOPへ戻る ]

食医とは

ph

食医とは、中国、戦国時代(紀元前475年〜前221年)の「周禮・天官」に記録されていた「周王室」の官位制度で「医」という官職に関する歴史上初の法的な記録に登場する官位名称。

当時、王室(皇帝・皇太后)の「食」を管理する地位は「食医」と呼ばれ医の範疇に属し、且つ最も高い官位を与えられていた事が明記されています。

又「食医」に続き「疾医」と呼ばれる現代の内科医・瘍医(外科医)・獣医が王室の医官として登録されていました。このことから、2千数百年前の王室が既に「食」に関していかに高い価値観を持ち合わせていたかをうかがうことができ、正に「食の重要性」が改めて問われている現代社会に通じるものがあると云えます。

[ ▲このページのTOPへ戻る ]
(C) 2004-2009 SHIROKANE RYUAN All Rights Reserved